2007年04月11日

独白

いや、忙しい時って、意味の無い方向に行くよね。

勿論、忙しいくたって、意味が無いって分かってるよね。

そして何故かブログを更新しようとする僕。あぁ。ごめんなさい。
って誰に謝る必要も無いのだが一応謝っておく。クセだ。最近最早クセになっている!!!!!イカン!!謝り癖、しかも独り言なんて有り得ない、人間のくずだ・・・でもくずって言われることに喜びを感じて生きて来た20数年間があるので、くずとか底辺とか言われると嬉しくなる。くずの方が宝石よりイイんだ、って知ってるし、くずだけど、君の思ってるクズと僕の思ってるくずは勿論違うって開き直ってるので別にイイノダ。

しかし本当に意味の無い更新だな。

いや、最近ちょっとショックに思ったことが有って。

異性を好きになる感覚が鈍ってる・・・・・・・・・

気がするのです・・・・・・・・・・・・・

最近ね。

いや、まぁさ、既婚とか未婚とか、そこは置いておこう。
既婚も未婚も関係有るけど関係ないの。
心次第。僕次第。君次第。

ただ、何かね、諦観なんでしょうかね。以前よりも心にブレーキが掛かりまくる。

まぁ、いいんですけど。別に人生に支障はないんですけど。
しかもそうであるベキなんですけど。

寂しいモノがあります。
既婚の友人の女性から、えーーー私は恋してるよー内緒だけど、と言うメールを頂戴し、ますます考え込む33歳の春。

結構移り気な自分を知ってるだけに、今のこの感覚が怖い。
このまま朽ちていくのでしょうか。
いや、既に朽ちている(笑)⇒北斗の拳っぽく
まぁ、朽ちてるように見えて朽ちてないのが僕のウリなのですが、このままでは本当に朽ちてしまうのだ。

と、ヒネリもオチも何も無いまま今日は終わっておく。
INPUT過多と恋愛感覚の鈍化は恐らく相関性がある。
と言う自己弁護的結論を提示してお茶を濁しておこう。

実は今、一つ答え(らしきもの)を見つけた。
でもこれはまだ書かないで置いておく。温めておこう。


しかし、本当にどうでもいい更新内容だな。
posted by Harvey at 18:11| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 言霊の在処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

input過多

最近inputが多過ぎて処理できていない。

自分の人生の中でこれだけ短い期間にコレほど多くの人達と同時発生的に仲良くなったり、この短い期間にこんなに多くの企業のCEOクラスの人々に表敬訪問したり、面接したり、挨拶したり、喋ったり、握手してもらったり、したことはなかった気がする。それも多くが極めて私的な空間で会ったり、有る程度限定された空間で話したり、した訳ですな。

昨年の暮れからのこのハイペースは本当に驚異的でちょっと疲れた。
って言うか自分の中で全く整理が付いていない。

仕事絡みのイベントで宝飾大手のCEOと話したり。
偶然が重なった不思議な縁で、インターンの候補先と思っていた会社のCEOの講演を聴いたり、その子会社のCEOと面接して貰ったり。

ビジネススクールを受験する時にこの先生の授業が受けたいと思ってずーっとプロフィールを読んでた教授が偶然出席したカンファレンスでモデレーターをやっていて(まぁ彼の専門ジャンルだから当然なんだが)カンファレンス後に突撃アタックしたり。

知り合いの知り合いである、某新興バッグブランドの社長と知り合いになったり。

学校のイベントや授業にやってくるゲストスピーカーも勿論錚々たるメンバーでもう大変。誰もが知ってるチョコレートのG社のCEOやら、NYにも店の有る有名デパートB社のCEOとか。まぁRetailに関してはとにかく相当色々な方々に会う機会が有った。

それだけじゃなく、現役の政治家の方々や、剣道の師範の方々、高校の先輩が知らない内に社長になってたり。やたらとTVに出てる人に会う機会があったり。

まぁ社長やCEOに会えるのが嬉しいとかじゃなく、何かしら確実に学べるで有ろう人々、社会で明白に成功のステップを踏んだことのあるであろう、若しくは今そのステップを踏み始めている人々、そういう方々からは本来僕が即日には吸収できない程の何かを吸収できるはずだと思っている。

それは勿論POSITIVEとNEGATIVE両面です。全ての人間に得手不得手、光と影、表と裏、凹と凸が有ることこそが真実と信じる僕には、全ての出会う人の両面を出来る限り認識・理解し吸収すると言う作業をしたい訳です。が、これ程までにもINPUTが多いと厳しい。

ただでも、同級生の日本人(いい面でも悪い面でも)についてですら未だ消化出来ていない所に、非日系の同級生達との最近の密度の上昇は更に消化不良を加速させる。

そこに来て、この、所謂遠目の人々との邂逅。

まぁそれだけ今が充実の時なのでしょう。
NY生活6年目(!?まじで?)にして収穫の秋なのかも知れません。収穫したものを、腐る前にちゃんと製品化して、ちゃんと袋詰めして、ちゃんと出荷して、売って、儲けて、ご飯を食べて、血として肉として行く事が出来るだろうか。

それこそが最大の問題である。
僕の器がザルなのか、それとも、漬け過ぎた漬物の壷の様なものなのか、素晴らしい食材を見事に食卓に運ぶ器なのか。
それが問われるのはこれからだろう。

まずは風邪を治せ。オレ。
posted by Harvey at 15:15| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

2004年8月14日土曜日に僕が考えていたこと

2004年8月14日の日記の抜粋です。
結局僕は何も変わっていない。あの日から。
でも、僕は変わったと思う。あの日以前の僕から。
久しぶりに会った友人も20歳当時の僕からは変わったと感じた様だった。

でも、辿り着くべき場所はまだ遥かに遠い。
変わらずに辿り着くだろうか。
それとも。

2004/08/14(SUT)

『ただ、やっぱり原点は決まってるんだな。
僕の人生はあそこから始まってる。間違いなく。
僕は永遠にこの呪縛からは逃れられないだろうね。
でも逃れる気も無くてむしろアレが有るから僕の今は有る。そう言える。
僕はあの時、そういう自分のエンジンとして使おうと思ってた節が有ったと言えなくも無い。今思えば無意識に。
或る意味それって凄いけど。1人の人間を踏み躙ってるかも知れない。まぁ意図的じゃないけど。
そして自分自身がその思いに押し潰されたけど。
時々思い出して忘れない様にする。
初めの時の気持ちってのを。忘れない様にする。
傷は塞がり流血も止まったけど、永遠にそこには風が吹き抜けるだろうね。
今や風化して少しづつ穴も塞がり始めてるけど、もう一度そこにそういう穴が有ることを、しっかり思い出そうと思う。
あそこから始まったから。

そしてもう一つ思い出す。
もう負けないって決めたこと。自分に負けない。絶対に克つ。
結果としてあいつらを追い詰める。そういうことだな。自慰だよ。
僕の。人生を賭けたね。

なんか支離滅裂なカミングアウト系ですが、人生是総て自慰也と言うことでお赦し願いたく。』
posted by Harvey at 08:19| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 「タワゴトの数々」を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

mixiの日記とブログの棲み分け

僕自身はmixiの日記とこのブログの棲み分けが自分の中で明確に分かれていたのですが、更に一つはっきりした事実を自分の中で認識したので書いてみたいと思います。何となく。

(1)mixiの日記を書く時のイイ部分(あくまで僕個人にとって)
@ログインが早い
A基本的に日記を書くためにログインすると言うよりメッセージや惰性でログインし、その後日記を書いたりする。
B長い日記にはむしろコメントが付かないので短い日記の方が好まれているっぽい。⇒自分的に時間をセーブして短い日記を書く。
C何となく、日記を書く傾向が強い。(何ていうかその日あったこととかについて書く傾向が強い)
Dコメントを付けてくれる人が圧倒的に多い。
Eマイミクとして普段接点の有る人達に日記を読んでもらえる確率が飛躍的に高い。
F総じてインタラクティブな感じを持てる。(実際は知らん)
Gだからコミュニケーションしてる気分になれる。(してるハズだし)
H読まれることを意識して書く日記なのであとで読んでも非常にバランスの取れた内容が多く、客観的に読める感じがする。

(2)Seesaaブログを書く時ののイイ部分
@匿名性であるので、好き勝手書ける。(そりゃ最低限の気は遣ってますが)
A誰に読まれていることも気にしないで書ける。
Bどんなに長い文章を書いても、長すぎて読む気にならない、とかお節介なコメントを貰わないで済む。
C総じて僕の自慰行為をほとんどの場合無視してくれる。若しくは黙認してくれている。
Dそれでも、時々知り合いが読んでくれていてコメントをくれる。そういう人たちは大抵ネット使用率が高く、会話もコンテクスト度(同じ文脈で会話可能)が高めになる。
E正直更新しなくても誰も心配しない。(いや、結構心配してたと言ってくれる人はいるんだけど⇒ありがとう御座います)
F公開自慰と言うことで、とにかく本音が書けるのであとで読み直すと、自分が狂ってたことが良く分かり面白い。あと、自分の精神状態の変化が非常に良く分かる。


そんな訳で、総括すると、匿名性、か、否か、と言うことになるんだな。

いや、MIXIでも勿論本当の意味での本名登録していないのですから、あっちも匿名な訳ですが、有る程度はコミュニティとかプロフィールで分かる訳ですな。僕を現実世界で知ってる人なら絶対分かる。でも、このブログでは僕はあまり個人が特定される様なことは書いていないので、より匿名性は高いハズです。

と言うことで、匿名度の高さが内容に影響を与える、と言う当たり前のことがよく分かりました。

加えて、最近本当に良く分かったのは、ブログの文章は長くていい。MIXIの日記は長いと放置される。
ということです。当たり前だけど。MIXIでは皆、なるべく自分のマイミクを沢山訪問したいんだろうし、短い時間を配分して使ってる印象だね。僕もそうだし。でもブログを読むときは結構ちゃんと読むな。。。そういうことじゃないかと納得。今後はその辺をもう少し考えて書き分けようと思ったり思わなかったり。そこまで真剣じゃないよな、オイラは。

と言うことで、両方を知っている人が一番僕の心理状態を把握指定る可能性がありますね。そんな人最近居ない気がするけど、一応気をつけておかないと(笑)
全裸にされてしまう。
いや、露出も好きなんで、それはそれでいいんだけどね。
僕は自分の中身を見せることに特別な恥じらいも有りません。
そもそも、日々、恥じらいを隠せない訳で、それは今更中身を出したところで大して変わらないのでした。
posted by Harvey at 09:37| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

ちょっと触発されて久々の更新

いや、触発された訳じゃないのかも。
暇なだけかも。
いや、暇な訳じゃないのかも。だって明日テストだし。
今徹夜してるし。でも、勉強すすまないし。
僕いったい何してるんでしょう。

でもねぇ、何て言うか、今、やる気でないのです。
体も心もボロボロなんですわ。
いや、まぁそもそも僕はボロボロでナンボ、って生き方が似合う男(笑)なんでね、別にいいんですよ。それで。

昔っから一番いいところでは必ず熱出してるんです。
一番大事なときはお腹痛いの。
テスト中もお腹痛いし、一番大事な試験の日は寝坊するの。

初めての入社式、お腹痛くって、余裕持って家出れなくて、何とか10分前に付くだろ!!って電車に乗ったら何故か普段は絶対直通なのに途中の駅止まりで(そんなの生まれて初)結局乗り換えてたら、遅刻しました(笑)⇒いや笑えないって。でも本当の意味の開会には間に合ったのだ、って自慢すんなと。

入学式とか卒業式とか、皆気合入れるけど、僕は常に脱力してたし。卒業式とか全然楽しくなかったな。いっつも。あ、普通楽しくないのか。

ま、いいんだけど。

何書けばいいのかわかんないです。今日。

一つだけはっきりしてるのは、僕、年取ったなってこと。
髪の毛減ったな。ってこと。
いや、まぁ人並みにはあるんだけど、写真とか見ると何かちょっとあぶねーよ、おれ。って思うんだけど。
まぁ、今回僕が見てる写真は日本に学生を連れて行った旅行があって、その中で僕が39度前後の熱を出す前後の写真な訳ですから、当然顔色ワリー・・・し、疲れ顔。これは酷い顔だ。オイラ。


そんな写真を見て思う訳です。年取った。。。哀しい。
白髪増えた。切ない。。。
白髪なんてね、最近すげーおおいぞ、どう思う?ってうちの姫に聞いたらばですね、お返事が「何言ってルノー、初めて会ったときから結構多い人なんだなって思ったよ」ってオマエその時言えよ、って思ったんだけど。今だって別におおかないはずだが、うーーん。

とこのブログってこんなグチっぽかったっけ??

それはともかく、僕のここ半年に出会った女性の中でもトップクラスに興味深い(笑)と言うか何か良くわかんないけど惹かれるトナカイさんのブログにトラックバックしようと思ったらTB受け付けてない??
うーーん。何だよーこんなに好きなのにーーーオレを受け容れてくれないのかよーーーーと普通の人がストーカーとして目覚める瞬間ってこんなものかもと肌で感じたこの瞬間。いやいや、嫌われそうだからコレくらいにしときますが、しかしまぁ、その為に今回書いたのに・・・ま、いいや。コメントでもさせて貰おう。

どうして上手くTB出来ないんだろう。教えてトナカイさん。


そんな訳で今後の更新について、方向性を失いながらも久々の更新をしてみた訳です。読者なぞ居ないと知りつつ。だって53,085位だって。こんなに更新してないのに順位が付いてのが感動的です。
目指せ30,000位!!と意味不明な設定をしてみます。

いや、10,000は現実的過ぎてかなり頑張らないといけない。
50,000はあまりにも目標が低過ぎる。
20,000じゃあまりに中途半端。
40,000は・・・わからない。
じゃ、30,000で。。。酷いなコレ。ほんと酷い。

MIXIの日記の方が少しましでした。今日はホントに。

僕今、ちょっと狂ってるんです。
そして、自分のブログの過去の記事読んでて思ったけど、昔のオレも狂ってる。
そうかー今も昔もそれぞれ狂ってたんだ。じゃぁ、何時が正常なんだ????????と言う疑問に。。。

いや、狂ってる状態が正常なんだよ。

神様の声が・・・する訳無いんだが。だって僕神様信じてないもん。神様が居るとしたらソレは僕の信じているこのコアの中に有る何かが神だった場合のみです。(この話はまた何時かもっと詳細に書きたいと思ってますが書くか分かりません)

そうだった。僕は狂ってるんだった。狂ってるから出る力、そういうのが僕は欲しかったんだった。内に秘めた狂気、これを出してしまうとただの狂人になってしまって誰にも理解されなくなる。内に秘めるから意味がある。でも、今、ちょっと出てきてる・・・のを自分で自覚してるからこうなったのか・・・。

全く意味が分かりません。
ごめんなさい。もうやめます。今日は。
このブログどうなるんだろうか・・・
posted by Harvey at 21:23| ニューヨーク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

終わりは始まりの始まり

2006年もあと14時間あまり(@New York)。
振り返る時間は無いので、手短に。
時間はどんどん過ぎていく。
僕は変わってしまっただろうか。
僕は成長しているだろうか。
僕は前に進んでいるのだろうか。
僕はなりたい自分に近付いているのだろうか。
僕は欲しいものを手に入れているだろうか。
僕は忘れてしまっただろうか。
痛みは薄れたのだろうか。
傷は消えたのだろうか。
失くしたものを取り戻せたのだろうか。
開いてしまった穴は何かで埋められたのだろうか。
僕の道は未来に続いているだろうか。

生きていることに大した意味が無いことに気が付いてしまった15年前から、それでも道を歩こうと思った5年前から、少しでも進んでいればいいんですけどね。

と言うことで、今年も終わります。
そして来年が始まります。
何も変わらない。
ただ、日々は続いていく。
日々一歩一歩ですな。
posted by Harvey at 01:14| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 言霊の在処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

更新が出来ていませんねー

はっきり言って全く更新が出来ません・・・(涙)

というのも、とうとう大学院での勉強生活が始まったからなんですが、正直言って、僕勉強するのこれが生まれて初めてなんですね。はっきり言って。

だからとても大変です。勉強嫌い。勉強苦手。いや、テストが一番嫌い!!

ブログも暫く放置しておくと必ず嫌がらせの様にスパム系コメントがつくのでまた腹立たしい次第。
ほーんと困りますなぁ…

もう少し軌道に乗ったら再び更新していきたいもんです。

何しろ、とうとう、サッカーマガジンの購入と、本屋での漫画立ち読みと言う、20年以上に渡る趣味と言うか習性を断ち切っております。
何しろ本屋が遠いので…余裕も無いし。

この一事を持ってしても、僕が如何に危機的状況下お判り頂けるのではないであろうかと思ったり思わなかったりしなかったりする感じです。

そう、ちょっと脳ミソが疲れてます…死ぬほど寝たい!!サッカーしたい!!!!
posted by Harvey at 10:59| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

心が震える時

この世界のために自分は何かを出来る。

この世界を少しでもbetterなものにする為に。

そういう使命を感じた時、心が震える音がした。

熱いモノが込み上げて来ることを感じた。

小さく愚かな存在で有りながらこの矛盾と不条理溢れる世界と闘う為に生きていると思えた時、下らない自己陶酔であったとしても、震えた心。


今直ぐ100億円を手渡されても、
今直ぐGEとかトヨタとかEbayのCEOにしてやる、と言われても

こんな震えは来ないだろう。
現実味の無い現実に呆然としつつも徐々に嬉々とするか。
武者震いとか恐怖に身がすくむ可能性は有るし、自分の双肩に掛かる責任を背負い切れないかもしれない。


世界を変える。世界と闘う。
このフレーズには魔力がある。
そして全ての行動はたとえビジネスで有ろうとも、世界と社会を少しでも良くする為のモノで有るべきだ。

だから心が痺れるんだろう。

あとは行動し、実現する。それが伴わなければ本当にただの妄想である。
僕はやる。時間が掛かってもやる。
posted by Harvey at 17:13| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | NYで感じること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

人間関係

人間関係と言うのは本当にややこしいものである。
特に日本に居たらもうそりゃややこしい。
NYに居るとそれはそれで結構楽なんであるが、こんな気楽な(人間関係以外では気楽さなど微塵も無い日々が大半だったりもするが)NY生活で有ってもやっぱりそれなりに人間関係と言うのは有る訳である。

だが、僕の場合、はっきり言って人間関係で悩むことはほとんど無い。これは性格だと思うが、悩む様な状況には陥らないし、悩む前に関係を断絶しシャットアウトするか、悩む時間が無駄なので即結論を出して進むようにしている。非常に男性的判断とも言えるが。。。まぁ、奥様方と言うのはやっぱり何処でもそこかしこに気を遣う大変なプレッシャーを背負って生活してますね。みんな。

昨日は久々に最も心許せる仲間で集まり、楽しい時間を過ごすことができて、またこういう仲間達に出会えたことを感謝し、自分が改めて人に恵まれていることを思い、幸せを感じたりもしてみた。→或る意味キャラ的に有り得ないのだが(笑)

何故友人と書かず、仲間と書くのかと言えば、彼らはやはりこのNYでの様々な日々を共に乗り越えていく、苦しい時には支えあったり、語り合ったりすることの出来る、共に過ごす時間よりも密度の濃い精神的な繋がりを感じることの出来る仲間だと思うからだ。だが、勿論皆、良き友であるのは間違いないけど。

そんな中思うこともある。人間関係に大切なのはやはり分かり合おうと言う気持ち、だと言う事だ。

自分のことを分かって欲しい、理解して欲しい。そういう気持ちや、
この人のことを分かって上げたい、理解したい。そういう気持ちが無いと、
人間関係と言うのは良好に進展、維持されないと思う。一言でもいいのだ。積極的に人間関係を構築する姿勢は個人的には好ましく思う。

何か問題があったとして。色々な部分でちゃんと理由を教えてくれれば、別になんとも思わないけど、何一つ語られないのでは不信感が募るのみである。
募った不信を放置すればそれに尾ひれがついて疑心暗鬼の中で被害妄想が生まれてきたり、言われない誹謗中傷に晒される可能性も出てきてしまう訳で、その辺に余りにも無頓着過ぎる人とはやはり分かり合えないというか、こっちも忙しいので分かり合おうと言う気持ちにならないのだった…。

ま、それはともかく、人間関係と言うのは、結局気持ちと、義理とか、そういうつまらないけど大事なもので築かれるものだなと思った次第ですな。
posted by Harvey at 06:22| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

無差別テロは人の業か

ムンバイのテロ、詳しいニュースを見ていないので詳細は理解していないし、触れるつもりも無い。ただ、年に数回起こるこうしたテロに触れて想う。

弱者やマイノリティの闘う手段がテロしかない、と言うのは理解出来る。
例えこうした行為を政治的大義名分の確保の為に行う、犯罪集団が居るとしてもだ。

圧倒的強者に対して弱者や少数派が正面切って闘うのは無謀だろう。勿論少なくとも先進国と呼ばれる文明社会では言論の自由ってのが有る訳で暴力手段を使う必要は無い。
でも実際にはほぼ無政府状態の国(イラクやアフガン)や戦争状態のエリア(パレスチナ)では、追い詰められた側は(勿論追い詰める側も)武力を、しかも奇襲でもって駆使する訳だが。

しかしまぁ、無差別爆弾テロ、と言うのはどうなのか。
原理主義者は宗教にも政治にも興味の無い、そういう人間や、それ以前の赤子などもお構いなし。

やはりそういう人たちと言葉で通じ合えるとは到底思えない。
しかし武力は何も産まないこともまた明白。
文化と富により、骨抜きにする。それくらいしか出来ない気がする。世界がもっと満遍なく豊かになれれば・・・と思うが、やはり搾取する側の手綱は緩まないだろう。

資本主義は搾取のシステムであり、強者がより富むシステム。
でも、これが人間の選んだシステム。淘汰され残ってきたシステム。地球上で最も信奉されているシステム。

勿論僕も資本主義を否定するつもりなんか毛頭無い。
しかしまぁ、イスラム教も、資本主義も、共産主義も、極端に走れば害を為すってことだと思う。

何事も中庸が大切。そのバランスのとり方が一番難しい。
しかし、先人達がどれくらい、考えてきたのか。
人間の愚かさは底なしである。

やはり、全てを支えるのは教育、なんだろう。日本の未来がどうなのか、今の僕には判断しかねるが、明るくないことだけは間違いない。
我々が変えて行かなければ、日本も世界も、バランスを喪うだろう。
使命感を持って生きて行きたいモノである。
posted by Harvey at 12:29| ニューヨーク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界で起きていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。