2006年07月12日

無差別テロは人の業か

ムンバイのテロ、詳しいニュースを見ていないので詳細は理解していないし、触れるつもりも無い。ただ、年に数回起こるこうしたテロに触れて想う。

弱者やマイノリティの闘う手段がテロしかない、と言うのは理解出来る。
例えこうした行為を政治的大義名分の確保の為に行う、犯罪集団が居るとしてもだ。

圧倒的強者に対して弱者や少数派が正面切って闘うのは無謀だろう。勿論少なくとも先進国と呼ばれる文明社会では言論の自由ってのが有る訳で暴力手段を使う必要は無い。
でも実際にはほぼ無政府状態の国(イラクやアフガン)や戦争状態のエリア(パレスチナ)では、追い詰められた側は(勿論追い詰める側も)武力を、しかも奇襲でもって駆使する訳だが。

しかしまぁ、無差別爆弾テロ、と言うのはどうなのか。
原理主義者は宗教にも政治にも興味の無い、そういう人間や、それ以前の赤子などもお構いなし。

やはりそういう人たちと言葉で通じ合えるとは到底思えない。
しかし武力は何も産まないこともまた明白。
文化と富により、骨抜きにする。それくらいしか出来ない気がする。世界がもっと満遍なく豊かになれれば・・・と思うが、やはり搾取する側の手綱は緩まないだろう。

資本主義は搾取のシステムであり、強者がより富むシステム。
でも、これが人間の選んだシステム。淘汰され残ってきたシステム。地球上で最も信奉されているシステム。

勿論僕も資本主義を否定するつもりなんか毛頭無い。
しかしまぁ、イスラム教も、資本主義も、共産主義も、極端に走れば害を為すってことだと思う。

何事も中庸が大切。そのバランスのとり方が一番難しい。
しかし、先人達がどれくらい、考えてきたのか。
人間の愚かさは底なしである。

やはり、全てを支えるのは教育、なんだろう。日本の未来がどうなのか、今の僕には判断しかねるが、明るくないことだけは間違いない。
我々が変えて行かなければ、日本も世界も、バランスを喪うだろう。
使命感を持って生きて行きたいモノである。
posted by Harvey at 12:29| ニューヨーク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界で起きていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

闘病中のアスリート

アテネ五輪の女子砲丸投げに出場した森千夏選手(1980年生)が虫垂癌により闘病生活を送っていると言うことを、ネットを徘徊していて知りました。

高校陸上に高校生活を捧げた人間でありながら、最近の僕はすっかり陸上界から興味を失っていた為、彼女の名前は恥ずかしながら知りませんでしたが、18メートル22と言う日本記録保持者(2004年4月の記録)であり、日本が世界に誇れるアスリートの1人です。
砲丸投げがマイナーな種目なので知名度は低いと思いますが。

彼女は東京高校出身と言うことで、昔よく試合会場で見たと言うか闘った紫のジャージを思い出しました。

彼女はアテネ五輪直前に下腹部の痛みと発熱に見舞われたものの膀胱炎と診断され、そのまま五輪に出場、帰国後に入院することに。手術の結果は虫垂付近に悪性腫瘍がある虫垂癌とのこと。国内では非常に稀な部位の癌である為に効果的な治療を受けられず、腫瘍も取り除くことができないとのこと。

手術等が出来ない上に、リンパ球治療と言う治療は保険適用外の為、凄まじいコストがかかるとのことで、彼女を支援する会が出来たようです。

勝手にリンクを貼りました。すいません。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~makenki/morichinatunews.htm

何て言うか、20代の若さと選手生活のピークでの闘病生活は想像を絶する苦しみだと思います。せめて経済的に少しでも支援して上げたいと思った次第です。
こういうのって、この人には募金して、この人にはしない、みたいな切り分けがとても難しいのですが、僕は五輪にまで出た陸上の日本記録保持者と言うことや、同じフィールドに時期は違えど居た仲間と言うことで、ささやかながら支援させて頂こうと思いますが、郵便振替では海外から送れないではないか…ちょっと確認します。
あとはやっぱり若い女性が癌で苦しむのを見た経験がある人間としては放っておけないのかも知れません。

もしご賛同頂ける方が居れば是非。

何れにせよ森さん、負けないで下さい。

posted by Harvey at 08:24| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界で起きていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

ブッシュは馬鹿か?

ちょっと古い話ですが…
Opinion Researchと言う会社がエイプリルフールにちなんで毎年行う一番バカなアメリカ人は誰か?と言う調査がある。

1位 マイケル・ジャクソン
2位 チェイニー副大統領 同率で パリス・ヒルトン
3位 ブッシュ大統領

と言う結果。

因みに4位はトム・クルーズ

僕の愛するパリスが2位なのは嬉しい限り。彼女はあのバカっぽい奔放さと自由さと可愛さと優雅さとお洒落さとエロさが同居する魅力的な女の子です。僕にとっては。

ま、それはともかく、大統領と副大統領がバカの3傑に入ってしまうってことは選んだお前らが一番バカなんだぞ、アメリカ国民。そう言っておく。

こいつらは自覚ゼロだからな。

しかも7位にケイト・モスが入っているが、彼女が英国人(笑)
「最も馬鹿げたアメリカ人」を選べって言ってるのにこの辺でもアメリカのいい加減さと言うかアホっぷりが全開で笑えるが、こんなことは日常茶飯事である。日本的発想では考えられないが。
この移民の国ではアメリカ人と言う仕切りすら曖昧ではないか。特にNYと言う街では曖昧さが増していく。それよりも、アメリカ市民か否か(要はグリーンカードが有るか無いか)その方が余程重要である。


それはともかく、ブッシュはバカなのか?
本当にバカなのか???

僕はバカなんだと思う。
目に力が無い、言葉に力が無い、平気でイラクに戦争を仕掛けられる、悪気無き正義感に溢れたテロとの戦争宣言。
僕はこれはバカだから出来ることだと思う。

ジョージ・W・ブッシュはYale大学を卒業、Harvard Business SchoolでMBAを取得している。そしてMBAを修了した初の大統領である。

まぁ天然ガスとかの資源・エネルギー系の会社を興し、これは結局失敗。その後は共同経営などで最終的には利益を結構得たらしい。

僕がアメリカ人の英語の先生とブッシュについて話し合った際、僕はブッシュは本当にバカなんじゃないか?と言う疑問を投げたところ、彼の答えはNO!分からないけど、あいつはMONEYだけなんだ!との意見。
多分その可能性もある。OILマネーだよな。

でもさー、世界が住み難くなったら金なんか意味無いじゃん。
自分の子供の時代に金だけあって世界中がテロだらけだったらさ、意味無いじゃん。
やっぱりテロと戦争すれば絶対勝てると思ってたんじゃない?それってバカじゃない?

と言うことで、僕のブッシュ馬鹿大王説を変節させるまでの説得力は無いのであった。

しかしHBSまで出てるってどういう事なんだろうか。入れたんだろうか。表玄関から。で、表玄関から卒業してったのか??むしろ面汚しの気がするが。

まぁどんなに素晴らしい学歴を持っていても意味の無い人は沢山いるってことですね。
でもまぁ大統領だからなぁ。うーん。どう考えればいいのでしょうか。

ただ、つい最近、ケリー上院議員のスピーチ等を知り合いが聞いてきてのコメント。言ってることは正しいけど、最高に退屈でつまらない。カリスマ性もない。ブッシュに勝てない訳が分かった。とのこと。

政治って難しいね。
きっとバカだから寧ろ母性本能をくすぐられて大統領になれたのか????

そんな国アメリカ。
サイコーの国家である。
その国に無条件迎合する日本。
これまたサイコーの(中途半端)国家である。
まずアメリカから独立しないと。軍事&政治的に。
本来の日本気質とアメリカ気質の中間地点に日本と言う国が妥協の上でたどり着けば、それはサイコーに特徴の無い、ダメ国家です。
日本は日本の方法と良さを突き詰める。
それが重要です。

posted by Harvey at 03:44| ニューヨーク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界で起きていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

危機感

イラク。
いや、別にイラクだけじゃないんだけど。

でもまぁ、分かり易いし、一番注目度は高いのでイラク。

何が言いたいかと言えば、イラクではまだ続いてるって事。血みどろの争いが。

ただ、僕はそれほど一生懸命イラク関係の記事を読んでいる訳ではないし、イラク情勢に詳しい友人も居ない。イラクに行った事などモチロン無いし、親しいイラク人の友人も居ないので、情報ソースはまさに一般のニュースソースのみである。

それでも、New York Timesなどのアメリカの新聞やCNNでは時折大きく報道されるから、日本に居るよりは触れる機会が多いと思う。

だが、自分自身に愕然とする事実。
そう、ネットでそういう記事を見掛けても、あぁまたかよ、と思ってしまう。
そしてその記事をクリックしない。スルーして行く自分がいる。

これは麻痺なのか、厭戦気分(まぁ自分は闘っていないが)による目を逸らす行為なのか、何なのだろうか。
恐らく、純粋に興味を失っているのも有るだろうが。

まだあそこには自衛隊が居る。その家族の方々はどれ程気を揉んでいるか。
それどころか、彼の地では未だに爆発音の絶えない日々が有る。

そんな訳で、恐らく日本のマスコミも興味を失っている。それは視聴者・読者が興味を失っていると思われるからだ。ホリエモンの方がよっぽどニュースになるだろう。

だが、そういうモノでもないだろう。
ライブドアの強制捜査が世界の株価に影響を云々などと、海外の株式市場から中継するのも良いが、そんなところで海外の視点を気にするくらいなら、もっと自衛隊の動きとか、政府の動きが世界からどう受け取られているかと気にした方がいいだろう。

明日は我が身である。



先日気になるニュースを読んだ。中国の軍備増強である。
中国は台湾にミサイルを向けている。
中国が防衛ラインとして設定している圏内は日本がすっぽり含まれている。(国防ラインは通常国外に設定される。そうしなければ自国が戦火に包まれ、蹂躙されるからである。)
中国は潜水艦を相当数補強している。(勿論任務に当てるためで飾りではない。)

ま、主に台湾独立を阻止する為の動きだが。

だが、万が一、台湾に対して軍事行動を伴って力ずくで言うことを聞かせるついでに、沖縄の離島辺り幾つかもって行かれるかも知れない。有り得ない話でもない。沖縄の米軍が有るが、頼ってばかりでいいのか?米軍はその時本当に動くのか?



日本人に危機感を。






然しながら、
国の心配などする以前に、自分のやることが出来ていない自分自身にその倍以上の危機感を。


posted by Harvey at 13:28| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界で起きていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

世界一の悪女カトリーナ

アメリカ南部を強襲したハリケーン、カトリーナ(Katrina)。

ルイジアナ州のニューオリンズの様子はこちらアメリカでも連日の様にテレビと新聞で放送されている。

しかし、何故これ程までに沢山の人が死ぬのか?
って言うか、何故あれ程沢山の人が逃げないで残ってたのか?

結構理解に苦しむ部分が多い。

そもそも日本で有れば、警察とかも使って強引に非難させてしまうだろうなぁと思う。
それ以前に台風なれしてるので、ああいう感じにはならない気もする。日本で亡くなる人は大抵土砂崩れや、高波にさらわれたり、中洲とかに取り残されたりとか、そういう状態が多い。結構以前に、川の中州でキャンプしていたグループが、警告に従わずにそのまま川が増水して、多くのメンバーが川に飲み込まれていく様子をテレビで見た記憶がある。

白人の大多数は速攻で避難したらしい。黒人の貧困層は何故か避難しなかった。彼らは水のそばに家があったりするのにである。移動するにも車が無い。移動する金も無い。避難しようにも身を寄せる人が他州にいない。ハリケーンの怖さを分かってない。別に明日のことなんてどうでもいい。ダイジョブ、ダイジョブ、どうせすぐ収まるってと全く真剣に考えてない。恐らくそれくらいの理由ではないか。

それはともかく。
カトリーナは実は沢山の現実を人々に突きつけた。

何故、あの避難所の映像には黒人ばかりが映ってるのか?NYは世界でも最も人種の多様性を抱えている場所であり、黒人も多いが白人もスパニッシュとかアジアンも多い。場所によって黒人が多いと言うことは有り得るが、あの避難所の黒人率はちょっと異常だ。

奴隷が運ばれてきた街、ニューオリンズ。そこには米国の平均の倍以上のと言う貧困層が居る。そして彼らの多くは黒人だ。あの映像は、そういう現実を突きつける。
南部の都市は東海岸や西海岸に比べて、一般的に人種差別の意識が根強く残っていると言われるが、彼らはその中で生きているのだろう。

白人の富裕層は、さっさと家を去り、避難した。家が倒壊しても彼らには保険がある。保険で家を建て替えられると満足顔の人もいる。貧困層には保険など無いから、彼らの家は建て直らない。政府の補助だけがその可能性を提供するかもしれない。
無人の街で窃盗や強盗を働く者達も居る。彼らにとっては、これはチャンスでしかないのかも知れない。

また、イラクにArmyの多くを送っている為に、こういう国内の緊急時に回せる軍隊が少ないと言う問題も静かに指摘されている。

カトリーナは物理的な損害だけでなく、アメリカの暗部を幾つも暴きだしている。ブッシュの無能まで敢えて改めて引き出している。
悪女カトリーナがブッシュに止めを刺す可能性も有る。
それは少々厳しいだろうが。
posted by Harvey at 14:29| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界で起きていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

テロと闘う世界って?

ロンドンで爆弾による無差別テロ事件が起きた。
正直言って、かなり暗い気持ちになったことは否定出来ない。
それと同時にどこか他人事の様な気持ちを持ってしまったことも否定出来ない。
とうとう起きたか。NYは狙われなかったんだ…。これが素直な第一印象である。
今回はNYの番ではなかった。
NYでのあのテロのとき、僕は日本にいた。だが、あのテロの傷跡は深く深くこの街に刻まれていて、決して消え去ることは無いのだとこの街で暮らしていて感じている。でも、それでもやはり少しづつ記憶は薄れていく。人間は忘れることが出来る生き物なのだ。
そしてまた、WTCの跡地も既に事件直後の面影を失いつつある。

一番怖いことは、麻痺していくことだ。
ロンドンで起こるテロは非日常である。
イラクで起こるテロ(戦争行為としか言えないとは思うが)は日常である。
前者について我々は衝撃を受けるが、イラクの日常的な爆弾テロにはそれ程の興味を抱かない。まだやってるのか、かわいそうに。その程度である。いや、友人や家族をこの戦争で失った人々や、今彼の地に家族や恋人のいる人々はそうは考えないだろう。それは自衛隊を送り込んでいる日本も同様である。だが、それ以外の人にとってはどうか。
恐らくそのニュースは垂れ流され、刺激を失い、それ故に注目度が下がっていく。
毒物に少しづつ浸されて感覚を失って行く様に、麻痺していくのだ。
心が麻痺していく。
感情が慣れてだれていく。

それはきっと恐ろしいことだ。
このままでは、10年後の世界では、数ヶ月に1〜2回は世界各国の大都市でテロが起きる様な世界になるかも知れない。そして僕らは思うのだ。またかよ。今回はNYも東京もやられなかったから良かったなぁ、とか。知人や自らの命が危機に陥るまでは目覚めることなく、皆が麻痺した世界。その麻痺は若しかしたら、テロの現実を無視して軽視した、不感症が原因かも知れない。

NYの人々は極めて平静だ。
ロンドンのある紳士の言葉は胸に響く。
「こんなことでロンドンっこは負けない。テロにも打ち勝つし、オリンピックも成功
させるよ」

※村上龍主催のメールマガジンJMM、『ロンドン〜スクエア・マイルから』 丸國葉氏の臨時号「TARGET LONDON」より引用

これは本音だろう。市民の意地で有る。我々はいつもの様に行動する。それがテロとの闘いの始まりだからだ。
しかし、NYの人々はそうだろうか?恐らく否。
アメリカ人は多くの人々はかなり楽観的だし、あまり先のことは考えていない。(すっごい偏見だが実際にそう見える)
彼らも衝撃を受けたとは思うし、身の安全を改めて守らなければと考えたと思う。でも、どこか麻痺し始めているのではないだろうか。

テロとの闘い。そう叫ぶ政治家の言葉に、踊れるほど皆暇ではないのだ。

個人的には武器を持ってテロと闘うよりもやらなければいけないことがあると思う。
第3世界を搾取し、世界に巨大な貧富の差が有るこの世界。貧しさと無学がテロを生んでいるとしか考えられない。どうしたら、世界からこうした理不尽がなくなるのか、真剣に考えなければならないと思う。本当のテロとの闘いとはそういうものではないだろうか。
理想論でしかないとは分かっているが、理想すらない世界より余程ましである。

あの衝撃と悲しみを人々にもたらしたものの正体を、真剣に考える時が来ているのだ。
自国の利益と自分の明日にしか興味の無い政治家達には到底無理な問題であるけども。
posted by Harvey at 15:55| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界で起きていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。