2008年04月01日

ER体験記@NYC@

ER と言えば、 緊急救命室?だっけ。とにかく、アメリカのドラマが有名ですよね。僕はあんまり興味が無い類のドラマなんでちゃんと見たことは有りませんが。。。

何れにせよ、行って来ましたER。折角行ったので、この貴重な経験を書いておこうと思った次第。ERに行ったけど、ブログを書けるくらいのダメージと言うのがポイントです。

でまぁ、何で行ったかといいますと、金曜日の夜に、例の如くサッカーの試合で人生の諸行無常を吹き飛ばそうと奮闘する僕。そんな僕にダメ押しをするかの様に、競り合いの中で相手DFがクリアしたボールが何故か垂直気味に射出され、真下から僕の左目にヒット。

何ていうか、クリアボールって真上に蹴らないでしょ。競ってたら。しかも結構思いっきり放たれたのが、下から入ったので、思いっきり目にHITしました。

直後左目は完全に視力を失ったのが自分でも分かった。何故ならば10年程前にも、それはフットサルだったんだけど何故かジャンケンで負けて大会の決勝戦なのに後半だけGKをやるハメになった日のこと。ボールに飛び込んだ結果、思いっきりシュートを打たれて右目直撃。昔からリスクを恐れないタイプ(笑)なんで、結構怪我が絶えません。走り高跳びでもマットの無いトコに170センチを跳んだまま落ちたこともありますわ。そういえば。

そんな訳で、経験済みだったので、あぁ、これヤバイわ。取り敢えずトイレで見てみよう、と歩いて交代を申し出て、トイレ行き。取り敢えず自己診断は結構深刻。でも、一応光は見えるから、失明は無いか、と言う判断。取り敢えず試合中にも係わらずそそくさと帰宅した訳です。

で、家で冷やしながらネットで検索。もう金曜の夜中だから、医者の友人も寝てるし取り敢えずリサーチくらいしか出来ないと言うことで調査。その結果、結構ヤバイかも、と焦り始める。症状が網膜剥離の初期症状に酷似してたりする。。。

そんな訳ですが、取り敢えず夜中なんで、まぁ、平気だろ、結構悪運強いし、と開き直ってベッドに入ったのでした。。。

と言うことでERに辿り着かないままに@は終わります。続きは近いうち。
posted by Harvey at 17:32| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91863605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。