2008年03月27日

タタのジャガー、ランドローバー買収に思う

ジャガーとランドローバー。
何れも結構、憧れの車だったりする。
まぁ、僕自身はジャガーはちょっと遠慮したいとは思ってる。何故かと言うと上手く説明出来ないが、ジャガーはちょっとキザ過ぎる。

いや、格好良く乗るとキザ過ぎて、格好悪く乗ってる人の場合は単なる成金でダサ過ぎる。僕は勿論成金ではない(そもそも金が無い)のだが、無理して買って格好悪くって、成金っぽく見えるのなんて絶対にイヤである。

ランドローバーは何ていうか、イメージ的には軍用車で止まっちゃってるんだけど、ごつくて渋い4輪駆動という感じ。まぁゴツクなくって渋くない4輪駆動ってどんなのよ?と言う疑問も有るが・・・。
でも、個人的にはメルセデス・ベンツのウニモグこそが、憧れの4輪駆動な僕としては、ローバーはソコまで魅力的でもないかも。まぁ、判断の基準がエリア88と言う愛すべきマンガに引き摺られていることは最早止むを得ないのですが。

それはともかく、そんなジャガーとランドローバー、最近は米フォードの傘下にあったそうですが、この度なんとインド最強の巨大財閥タタさんに買われたとの報を聞き、微妙なショックを受けた訳です。

まぁ、ロックフェラーセンターのビル群を日本資本に買い漁られた時の米人のショックに比べれば、まさに蚊に刺されたほどでも無いと言うか、他人の話なんでどうでもいいんですが、しかし驚きますね。買ったのがTOYOTAでもなく、BMWでもVWない辺りに。まぁ、Competitorに売らなかったと言う判断なのか、純粋に高値を付けてくれたのがタタだったのか。どうなんでしょうね。

しかしまぁ、ジャガーとランドローバーのブランド価値が落ちるのは避けられないでしょう。

つまらない話ですが、IBMのTHINK PADがレノボのTHINK PADになって、中身はきっと変わらないのだろうけど、やっぱりちょっと中国系だしよっぽど格好良くなかったらファーストチョイスにはならないな、と言う感覚がどうしてもあったりしたので。

ジャガーがインド資本と思うと、ちょっとしょげる。
世界中でどれくらいの人がそう感じるか、僕には分からないし、ジャガーやランドローバーと言うブランドは勿論維持するだろうから、関係ないと考える人にとっては関係が無いとは思う。でも、どうだろうね。

と言うことで、今後のジャガーに特に注目したいと思いました。
まぁ、僕はジャガーはもう買いません。いや、元々買えないんだが。将来の乗りたい車リストから落とします。何となく。

憧れとは常にPerfect Worldを追うモノなのです。。。
posted by Harvey at 17:03| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

インドのタタモータースがジャガーとランドローバーのブランド買収
Excerpt: インドの自動車会社タタモーターズが、ジャガーとランドローバーを23億ドル(約2300億円)でアメリカの親会社フォードモーターから買収するそうです。 インドと言えば今や飛ぶ鳥をも落とす勢いの新興国。先..
Weblog: ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす
Tracked: 2008-03-27 18:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。