2008年02月28日

骨が欠けてる・・・

最近サッカーに全然参加出来ていない。

昨年の暮れ、調子に乗って週に2回も試合をしていたのでバチが当たったのか、その辺は不明であるが、1ヶ月ほど前に突如それはやって来た。

しかも家の中で。

しかも単なる日本に送る荷物のパッキング中デアル。

右足を支点として右前方に少し動いた拍子に、ピシっと言う音が聞こえた。僕の感覚としては捻挫に近い感覚。

何故ならば、以前、やっぱり突如そういう痛覚を得て、しかもその時はベッドで寝返りを打った時と、これまた酷いんだけど、結局捻挫の酷い奴みたいだった。

そもそもの始まりは数年前の大捻挫と言うか、接触プレーで右足首を完全に持っていかれて蹴り飛ばされた大捻挫に遡る。

でも、もともとはもう大学生の頃に数回重度の右足首捻挫をやっていて、右足首は相当緩んではいるんですな。そこに数年前の捻挫。その後はほとんど2週間に1度は軽度の捻挫みたいな感じで、なかなかにリハビリも一生懸命しないしで、不調だったんです。

しかし今回はびっくり。何か痛みの種類が違うし、1週間経っても激痛で歩けなかったりする。

そんな訳で病院にいったんですが、レントゲンの結果は・・・

お、ここになんかtipがあるよ・・・君。

何すか?チップって。骨???あ、ほんとだ、欠片が有る・・・。

と言うことで足首周辺に2つの骨の破片発見。
しかし骨には目ぼしい痛みが無い。と言うことでMRI送りが決定。

しかし、どうしてこんなに簡単に骨が欠けるのか。
有り得ん!
どうして家の中でプチ骨折してしまうのか。
絶望的!!

と言うことで、本気で凹む今日この頃。
30も半ばになると、不思議な事件(主にBODYの劣化に伴う)が多発して本当に滅入ります。健康が一番大事。そんな当たり前のことを何度も再確認する今日この頃なのでした。

健康で有ると言うことは、本当に素晴らしい事だよなぁ・・・
二日酔いですらあんなに辛いんだから・・・(笑)
posted by Harvey at 16:50| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーにまつわること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87543248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。