2008年01月18日

Footballの深さ

Football、と言う言葉はアメリカでは混乱を招く。アメリカンフットボールが当地ではFootballだから。

そんな理由でなんか知らない内に、Soccerと言う風に呼ぶようになってるけど、でも、僕にとってFootball=Soccerだから、まぁ実はどっちでもイイ。

そんなFootballが僕は好きです。
何で好きかって言えば、Footballは世界を映し、世界を超えて、世界を変えることすら出来るかも知れない、唯一のスポーツだと感じるから。

これは野球少年の人たちには分からない感覚なのかも知れないけど、野球では欧州が見えない。南米もあまり見えない。ラグビーではアメリカが見えない、南米が見えない。ゴルフは金持ちのスポーツだし、テニスもそう。SKIには雪山が居るし、道具も必要。そんなこんなでサッカーが一番容易く始められ、競技人口数も多い。

Footballの選手には富裕層の子や独裁者の子も居れば、スラムから這い上がってきた人達も沢山居る。移民の子も帰化した人も居る。その普遍性に惹かれる。

Footballは地域と共にある。Footballは国と共にある。そのプレースタイルやチームのスタイルには土着の風俗が染み出ていく。

Footballは政治に翻弄され、人種差別に弄ばれることもあるが、必死にそれを乗り越えようとする。

W杯とチャンピオンズリーグ、世界クラブ選手権、それらがますます商業化されて行く中で、Footballの世界がこれ以上穢されないことを、心から祈る次第である。
posted by Harvey at 12:06| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーにまつわること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。