2005年10月01日

IELTS

えー、ここ3日で合計6時間くらいしか寝ていません。
死にそうです。でも、やっぱり追い詰められると人間結構寝ないでも平気なもんですな。

そんな訳で、昨日ですが、4時間睡眠でIELTSを受けてきました。
IELTSってなによ?と言われるであろうマイナーなテストですけどね。
まぁ、UKに留学経験のある方ならお分かりかと思いますが、TOEFLのイギリス・オーストラリア版みたいな感じです。そう、英語力を測るテストです。UKに留学するときとかはTOEFLよりも効果を発揮すると言うか、イギリス人がアメリカ(TOEFL)を信用してないので、TOEFLだけじゃなくてIELTSも受けてよ、と言われちゃいがちです。
NYではナースになるのに何故かIELTSが必要らしく、3ヶ月先まで予約が取れない大繁盛・・・僕も急遽受験を迫られたのですが、全く予約が取れず、死にそうでした。
うちの姫が力技と言うかHARDネゴシエーションでねじ込んでくれたんで受験できましたが。
やはり姫は凄いです。感謝・深謝。ますます頭が上がりませんが、まぁいいや。

しかも、いまだにTOEICの様に、紙ベースの試験です。
しかも朝9時スタート。8時集合。
Listening、Reading、Writingを3時間みっちり掛けてやります。
そんでその後試験官と1対1でのSpeakingのテスト。

9時スタートで12時にSpeaking以外が終了。
However,何でSpeakingの開始時間が16時なんですか?

と言うことで、やるせない気持ちのまま、このクソ忙しい締切前なのに〜!!とイラついてもしょうがないので、取り敢えず散歩しつつ、サンライズマートにたどり着く。
その後、昼飯を何処で食べるか悩みに悩み、おめんを発見するも、開店は6時PMとのこと。
有り得ない・・・が、やむをえない。
そんな訳で気が付けば本むら庵。
そして独り本むら庵。
うに蕎麦食べちゃった。テスト中の休み時間なのに(4時間もの休み時間だが)。

そんな訳で何故か満たされて(量は少々不足だったが久々に上手い蕎麦を食べたので)、会場に戻り、勉強しつつ自分の番を待ち、Speakingを受けて無事終了。

NYでのIELTSの試験会場は中華街の直ぐそばのアデルファイという学校の中で行われます。
僕は個人的にはIELTSの試験の方が人間味があって好きです。
TOEFLは機械化し過ぎててやっぱり何かちょっと。って言うか自分が苦手なだけだけどね。

そんな訳で唐突にこんなこと書きましたけど、僕はここのところ勉強しています。
次はGMATです・・・ハァ。

いや、その前に明日の願書締切が・・・。
今日こそは寝むれる様に頑張ります。って、こんなの書かないで寝ろよ!ときっと誰も突っ込んではくれないことでしょう。
posted by Harvey at 16:13| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語との闘いか英語での闘いか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ということでコメントに再チャレンジです(笑)。なんか姫って表現がいいですね。愛を感じる。。。力技使える姫ってなんかかっこいくてそれもいいですね。ていうか大変そう。。まぁあたしなら周りから「がんばりすぎないようにね」と言われる所ですが、たそがれさんには「死ぬ気でがんばれ」とあえていいましょうかね(笑)。人生七転び八起きです。立ち上がり続けた方の勝ち!!

ただ、体調と、効率には気を使ってくださいね。疲れすぎてて集中しないとか、体調くずしたとかそういうのは勿体ないですから。
Posted by hitoco at 2005年10月07日 12:17
どうもです。書き込み有り難う御座います。
たそがれことHarveyです。
うちのも頑張り過ぎないように!!と皆に言われてます。僕も言ってますがどんなに頑張って言っても止められません・・・。
ハァ。
僕は油断すると直ぐ7割の力で流そうとするので、常に120%で走り続ける気持ちが必要です。と、自分でも思う。立ち上がり続けることもなかなか大変だけど、その辺は結構得意です。
そして健康第一。ほんとだよねー。効率的・・・これって結構難しいですね。
そんな訳で引き続き宜しくお願い致します。
Posted by Harvey at 2005年10月07日 21:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。