2007年11月17日

オシム監督の回復を祈る

イビツァ・オシム、サッカー日本代表監督が脳梗塞で倒れたとのニュースを読んで衝撃を受けました。高齢とは言え66歳、倒れられると言うのは予想の範囲外の出来事だし、非常に驚いた。

まだまだ日本サッカーは発展途上であり、オシム監督の教えを吸収しながら成長している段階だ。皮肉にも、オシム監督になってから日本代表を心配する気持ちが減り、期待が増幅した。だから、意見も減ったし、純粋にどうなるかを静かに見守る様な気持ちと態度になっている自分が居る。
マスメディアは代表が騒がれない事に対し、代表人気の低迷などと煽るが、それが全てではない。今、皆、オシム監督の作り上げるチームをじっと見守って居るのだ。日本がまだ実力不足だからこそ、その成長と積み上げを見守って居るのだ。本当の日本のサッカーを愛する人たちは。

そんな中で、オシム監督が倒れたことには言葉が無い。
ただ、その回復を祈る。一日も早い回復を。
監督を続けてくれとは言わない。そんな無理は言わない。
ただ、元気になって、日本のサッカーをどんな形でもいいから導いて欲しい。命とサッカーなら命を選ぶ、それくらい彼は命の重さを知っているし、家族を大事にする人間だから、もう一度監督になることは難しいとは思う。だから、外からでもいいから、我々のサッカーに厳しい言葉を投げかけて欲しい。

何れにせよ、今はどの様な想像も意味が無いだろう。
ただ、オシム監督の一日も早い回復を心より祈ります。ただ、願います。

そして、もし、願いが叶うならば
もっともっと先まで進む我々を、導いてください。
posted by Harvey at 04:16| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーにまつわること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67006285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。