2007年10月26日

出る杭は打たれる

日本社会の醜悪な一面。出る杭は打たれる。僅か20歳くらいの若者をメディアがここまで叩く必要が有るのか。

結局のところ、事態を悪化させ、騒ぎを大きくしているのはメディア自身ではないのか。それだけ暇なのか。暇なのならば平和な日本だからこんな事になるのか。ということは日本はやはり平和ボケなのか。いや、マスコミだけがボケたままなのだろう。ここまで来るとマスコミの腐敗と醜悪さに多くの人間が気付いているが、当人達は気付かないのか。




亀田興毅と彼の父への思いを、メディアが蹂躙する権利は無い。
それは彼の中のモノだ。他者に語る必要の無いモノだ。
記者会見とは誰に対するものか、ファンに対して語るモノではないのか。ならば、メディアの質問に何故答える必要が有ったのか。それは彼らがファンの代弁者だった時代が有ったからだろう。だが、最早彼らはファンの代弁者足り得るのか。いや、全く持って、メディアはメディアのロジックで勝手に走っている。むしろ彼らはファンを煽り、対象者を助長させる。そんなメディアを僕は心から醜い存在だと思う。そんなメディアの前で行われる記者会見には既に意味が無い。日本からこの愚かな儀式=カメラの前で頭を垂れる事で贖罪が行われると言う形式的な儀礼が無くなる事を心から祈る。あれほど意味が分からない・無意味な光景はないし、恐らく日本の特徴的な部分だろう。もう、共同体は壊れてしまって居るのに???幻想の共同体に頭を下げるのか???


亀田興毅に浴びせられたフラッシュが彼の心にどれだけの傷を付けるのか。願わくばこの若者が前向きに反省しながらも強く逞しくなってくれることを祈りたい。

メディアが愚かであり、最も制裁を受けるべき存在ではないのか。
その方法は簡単で、メディアを無視すればいいのだが。
posted by Harvey at 22:44| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ご無沙汰しております。

僕も非常に悲しい気持ちで一連の祖国での出来事をウェブで読んでいました。このyoutubeの映像を見ると、尚悲しくなりますね。

視聴率至上主義で何をやっても構わないというメディアの横暴には、本当にうんざりします。

日本再生の一つに、メディアに携わる人々のモラル再教育があるように思います。メディアの伝え方一つで、今の日本は良いほうにも、悪いほうにも転ぶ気がしますから。

是非また近々、お話できますことを楽しみにしております。
Posted by MG at 2007年10月28日 13:33
MGさん
すっかりご無沙汰してしまい申し訳有りません。メディアについては現在僕も色々と考えさせられる事が多いです。メディアに携わる友人が多ければ多いほど、ムズカシさをまた感じます。現実と理想のGAPが大き過ぎますね。でも、やっぱり経営者が何を求めるか、株主が居るならその人たちが何を求めるか、そこが最後の鍵を握る訳ですよね・・・。
是非近々お話出来ますればと思います。
Posted by Harvey at 2007年11月05日 05:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。