2007年07月04日

本質を素通りし続ける日本と言う国

久間章生防衛相辞任の報を耳にして最初に思ったのは、どうしてこんなに大騒ぎになるのだろうか、と言うことだった。

まぁ確かに安倍政権誕生から短期間で閣僚の辞任が二人目、自殺者が更に1人というのは異常だとは思う。

ただ、久間氏の発言そのものはいい発言とは全く思えないが首を吹き飛ばす程の発言なのか、素朴な疑問を抱く。

WEBベースでしか日本のニュースは入手出来ないので、限定的な情報だが、マスコミの反応は総じて批判的である。

「長崎に落とされ、悲惨な目に遭ったが、

あれで戦争が終わったんだという頭の整理で、

しょうがないなと思っている。

それに対して米国を恨むつもりはない」


この発言は確かに一国の国防を預かる人物として不用意かも知れないが、長崎出身の人間が事実に対してケリを付ける為の思考方法としては「有り」な論理だと思う。実際に学者によっては戦争を終わらせる為の選択だったと言う意見を持つ人も居ると何かで読んだ記憶が有る。それにアメリカの武力の傘の中で北朝鮮の脅威を大いに緩和してもらっている立場の防衛のトップのアメリカへの気持ちとしてはむしろしょうがない気がする。

一国の防衛相が講演で出すコメントとしてはまぁ脇が甘いと言うか刺されてもやむを得ない様なポロリ本音発言では有る気がするが。

しかし、実際に外国人(特にアメリカ人)と接しながら、外交やらなんやらを日々積み重ねていくには、永遠に貴様らの原爆投下は絶対に許さない!!と言い続けるのも難しい話ではある。人はそこでそれぞれの道を選択し、ある一つの大きな事件を転機に、人は分かれ道をそれぞれ選んで進んでいくのだから。

だから、こういう公人の立場に有る人が、原爆投下を容認したとも取れえる発言をしたことを許さない人が居て当然。そして、それも頭の整理の方法としてはしょうがないよなぁ、と思う人が居ても当然なのではないだろうか。

問題は、そういう議論を尽くさず、本当に大多数がそう思って居るのか不明な中で、マスコミ(そもそも日本にマス=大衆は未だに存在しているのか?大衆という名のマイノリティではないのか?)が寄って集ってこの発言を吊るし上げ、本質的なポイントを完全に無視して、ただの失言スキャンダルに仕上げていく、こういう体質に問題がある。

そしてまた、政府与党は政権に縋り付きたい(まぁ、野党に政権を渡したら国が倒れるからと信じているやや横柄だが責任感の有る考え方の方もいるでしょうが)が為に、選挙対策と言う錦の御旗の前で誰一人目が見えて居ない。と言うか、勿論全員がそうだ何て言わないが、元々平時の政治家なんて目が見えてないと言うか非常に俗物な方々が多い訳で、目を開くことすら怠っている方が多い。

で、そのマスメディアの太鼓に合わせて右往左往してますます惨めな姿を晒していく訳ですね。

本当の問題は、議論がされないことだ。
本質は、我々の国家、日本と言う国が未だに原爆と言うモノに対して一致した意見(公の意見)を持たないことだ。いや、持ってるのかも知れないが、僕は不勉強で知らないだけかも知れない。その場合は謝らないといけないが、でも、僕の記憶では公式に原爆投下についての日本政府の見解と言うのを覚えて居ないのだが。非核三原則と言うのはあるが、これは法律ではなく、ただのスローガンである。細かい法律で核の保有を制限している筈だが、原爆の投下について、しょうがなかったと言う意見を切り倒すような法律は無いだろう。

倫理的にどうか、と言う問題はあるが、被爆者の心情を考えろと言われても被爆者の方々の心情も決して一律ではないのではないか、と思う。
私は当日体調不良の為に直接お会いしていないが、最近私の同級生達がお話を伺った被爆者の方はアメリカに対しての恨み辛みを決しておっしゃらなかったそうだ。核兵器には反対と言うのは明確な立場だが、その行為を責める発言は無く、寧ろそのことに対しアメリカ人のクラスメイトが感銘を受けたと言っていたくらいである。また、知人がお会いした別の被爆者の方も爆発で飛来した金属片か何かで片目を失明していてもそのことでアメリカを責めることは無かったと言う。
勿論個人差はあるし、被爆者の方々の苦しみは想像を遥かに凌駕する恐ろしい経験であるし、僕は到底それを否定など出来ない。核兵器というものを世界から根絶することには賛成である。

だが、現実世界は夢物語ではない。
世界には良識的な日本人の想像を遥かに超える極悪人も変質者も宗教家も狂人も居ると思う。もし圧倒的な暴力が敵側に有れば、そして当方に何の武力も無ければ、どうなるか。常識や倫理、道徳の異なる相手、言語や論理の通じない相手には為す術が無い。

話がすっかり逸れたが、恐らく本質は、我々日本人が叩き台となる、共通認識となる、公式の立場を持って居ないことだ。それは戦争責任の問題についても同様だ。そういう議論無く、問題発言を世論(しかもその世論とは日本国民の何割の意見なの?)の雰囲気でもって袋叩きにして、全ての話を選挙対策に収束させるこの日本と言う国の小ささはなんなんだ。

と腹が立つ。そして情けない。

国に意見が無い。だから、ただ、漫然と多くの議論が中にぶら下がったままである。そして皆が見ないフリをして、ふたをしてやり過ごす。こういう日本の社会の体質が続く限り、日本は永遠に世界から取り残され続ける。それでも良ければそれでいい。僕は嫌だ。もし日本が変われずに沈むのならば、変えるか、脱出するか、どちらかしかない。

追加で言えば、相変わらず日本政府には外交的視点が欠如している。外務省と言う組織が外交には語学があればOK的な発想を持っている雰囲気があり、それだけでも相当失望する訳だが、島国日本には本当に外交戦略も外交の為の戦略的な思考方法も、国家の外交指針も何も無いのではないだろうか????国家として、せめて閣僚は外交上、足並みを揃えろよ。と言いたい。国家に外交戦略が無いから閣僚に指示も出せず徹底も出来ない。それで何か言えば袋叩き、こんな仕事非常にやりたくないね。

日経NETの社説に至っては、危機管理のポイントが正直相当本質からずれているとしか思えない。記事の言う危機管理とは、与党が政権を維持する為の危機管理のことであろう。しかしその程度の危機管理など正直本質的な危機管理には程遠い話ではないのだろうか。

そんな訳で話が飛び散ったが、今回の辞任騒動は本質とかけ離れた方向に議論が進み、辞任と言う何も産まない方法で終了。全てが参院選に向けた影響が気になりますね的論調に収束。

なんて絶望的な国なんだ。


(参考) 日経NETの社説
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20070703AS1K0300203072007.html
社説1 政権の危機管理を疑わせる久間辞任劇(7/4)
posted by Harvey at 15:48| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。