2007年06月28日

ZARD = 坂井泉水 = 僕の青春時代の終わりの頃

坂井泉水さん(=ZARD)がちょっと前に亡くなりました。

僕はもう1枚目のアルバムのCD(Good-Bye My Loneliness)が出た頃にジャケ買いして、もうかれこれ何年なのか分からないけど、1991年の発売の様なのでもう16年前???か・・・

僕は当時高校生、色々なアイドルが世の中に居る中で、僕にとっては坂井泉水がもっとも美しい女性に思えたし、更に彼女の声も好きだったり、ちょっとヤボったい感じの服装も好きだったりと、まぁ、すっかり好きだった訳です。って言うか、僕のタイプの女性がそのまま出現した様な感じです。高校時代の僕に。

彼女とカラオケに行ってもZARDばっかり歌って貰ったりしてた気がする。
特に高校時代の終わり〜大学時代前半は僕にとってZARD全盛期だった。

正直「負けないで」は余りにもストレートな応援歌だったから恥ずかしくって聴いてられなかったし、歌ってられなかった(笑)

僕が好きだったのはもっと切なかったり儚かったり懐かしかったり甘酸っぱかったりする、心の中の奥の方の、自分自身でももう忘れてしまった小さな箱の中に入ってるおぼろげな記憶を刺激したり想像を掻き立てたりするような、そういう曲の方だ。

同じ経験はしていなくても、心の揺れ方とか、僕にとっては結構リアルに感じたり、してた。

何より彼女の声が好きだったし、結構ブルーな夜に彼女の歌声で何となく癒されたりしてた記憶がある。

この世界から消えてしまいたいくらい情けない思いをして、友達にも無理矢理聴かせて二人で夜の246辺りを運転しながら、可愛い声だなぁ・・・とかって現実逃避してた記憶が有る様な無い様な。

いつか坂井泉水さんの様な女性と出会いたい、と思い込んでいた様な居ない様な。いや、願っていた気はする。それくらい好きだったなぁ・・・

僕にとっては間違いなく青春の一時代のある部分を占めていた存在でした。彼女の存在が、僕の中に確実に生きていた時代がありました。
その時代が終わり、時が経ち、アメリカに渡り、ZARDを聞かなくなった。

そして突然彼女の死を知った。
他の多くの人と同様に僕も彼女が癌で闘病していたことも知らなかった。
余りにも突然、彼女はこの地上から消えてしまった。

切ないとか悲しいとか、可愛そうとか残念だとか、そういう言葉は出てこなかった。衝撃が大き過ぎると人間は鈍くなるんだと思う。特に僕は衝撃が大きければ大きいほど冷静に対処しようとする傾向がある。

ただ、僕の好きだったあの時代が、あの暗黒の学生時代が、本当に遠くの彼方にいってしまったんだな、と思った。
坂井泉水と言う人が、僕のあの、心が爛れる様な学生時代の象徴だったんだというコトを今更知った。

しかも日本の古くからの友人達からは軒並み、「オマエの好きだったZARDが死んじまったな・・・」と言われまくり(勿論メールも含め)ソレくらい僕がZARD命だったことを思い出させられた。

さよならZARD
さよなら僕の青春

坂井泉水さんのご冥福を心よりお祈りします。
本当に有り難う御座いました。

僕が好きな曲は
「遠い日のノスタルジア」
「好きなように踊りたいの」
「あの微笑を忘れないで」
「Don't you see!」
「もう少し あと少し…」
「サヨナラは今もこの胸に居ます」
「この愛に泳ぎ疲れても」
「こんなにそばに居るのに」

ダメだ。選べん・・・
ほとんど全ての曲が好きだったデス。全ての曲に何かの記憶の切れ端がクッツイテルのデス。

こんな風に1人のアーティストを好きになることはもう二度とないでしょう。僕の年齢がそれを赦さないに違いないから。

posted by Harvey at 09:21| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。