2007年05月18日

自民党の愚行には呆れてモノが言えない。

三浦知良、ことKINGカズに、自民党が夏の参議院選挙への立候補要請をしていたとのニュースを読んだ。

横浜FCを通じてのカズの回答は「自民党よりオファーをいただきましたが、お断りいたしました」というもの。

当たり前である。
カズがどんな姿勢でサッカー選手で有り続けているのか、知っていて打診しているのだろうか、自民党。

彼がどれくらいの決意を持って、サッカーと対峙しているのか知ってんのか、政治家の皆さん。

勿論僕も実際は知らない。でも、想像は出来る。そしてその想像の部分までを含めてがカズなのだ。カズはカズであり、そのカズにはカズを象徴としたJリーグの歴史とか日本サッカーの加速度的な成長とか、そういう色々なものが全部カズに乗っかっている。

現役でプレーし続ける選手に、選挙に出ないかと誘うとは何事か。
40歳で現役を続ける選手が二足のワラジを履けると思っているならばサッカーをバカにしている。

サッカーを辞めて選挙に出ろと言うならば、カズの積み重ねてきた日々をバカにしている。

政治家としての手腕ではなく、その知名度と人気だけの政治家が必要だと思っているならば、有権者をバカにしている。

何れにせよ、バカにしている。何もかも。

と言うことで、兎にも角にも、こういう自民党の姿勢、政治家の相も変らぬバカらしい票集め作戦に気が狂いそうになる。

僕らが選んだ僕らの代表がこんな人たちで、こんな人たちは自分に投票してくれた人たちのレベルに胡坐をかいて、そのレベルで停止する。結果は結局僕らがバカってことか・・・?

何でもいいが、現役のJリーガーに下らない依頼をするな。プロレスとサッカーは違う。プロレスをバカにするわけじゃないが、サッカープレイヤーで居られる時間は信じられないくらい短い。
サッカー人生は呆れる位短い。
短いから、沢山の奇蹟と伝説が生まれるのだ。
posted by Harvey at 16:16| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。