2012年01月29日

ただただ時が流れる。

歳を取った、ということなのだろうか。
最近ただひたすらに時間が流れていく。子供たちがどんどん成長していく。僕自身も肉体の衰えを感じざるを得ない。そんな日々。

この現実を受け入れながら、社会的には上っている感覚。即ち自分自身が具現化出来る物事が広がっている、増えている、そういう感覚。

その相反が本当に切ない。

人の人生のピークとはどこなのか。

切なく儚く心もとない。それが人生か。
posted by Harvey at 23:35| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/249248328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。