2011年03月27日

久々に

久々に書いてみる。
しかし、まぁ、この長い間に世の中が一変してしまった。

日本はこれからどこに向かうだろうか。

震災そのものは、大きな悲劇を生んだが、日本人に大事なものを沢山思い出させてくれた。
復興は国を一つに出来るキーワードとも言える。思いやり、と言う完全に薄まっていた道徳観も強まるはずだ。政治家は未だに愚かな駆け引きをしているが、老いた世代が退場せざるを得なくなり、今まだ政治の舞台に上がっていない、この震災後に頭角を現わす若い世代が出てくるだろう。二世でも三世でもなく、族議員でもない、志の高い政治家が生まれて来てほしい。ここにしかチャンスはない。

一方でエネルギーの問題は暗い影として忍び寄る。
日本人の価値観を決定的に変える可能性のあるものである。

日本社会は確実にターニングポイントにいる。

しかしこれは世界中が必ず迎えるターニングポイントかも知れない。
即ち、日本は世界で最も成熟し、世界で最も進んだ国であることは変わらない。

ただ、惑星の最後が消滅であるように、人間が成熟したのち生命活動を終えるように、日本という国が消えるのが先進国で一番早い、と言うことにならない様にしたいと思う。

だが、可能性は高い。このままでは。
posted by Harvey at 23:50| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192820172
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。