2006年05月12日

某村上ファンド

はっきり言ってこのニュースにはがっかりした。

村上FことM&Aコンサルティングが経営の拠点(運用の拠点)をシンガポール法人に移転したと言うニュースである。

一つはっきりしたことは、今までの村上Fの納税額は良く知らないが、彼らは海外で納税することになるであろうと言うことである。

村上氏は株主の権利を守ると豪語し、改革者か破壊者か、などと言われるが、それはまぁこの際どうでもいい。

シンガポール移転はやはり明確に節税対策であり、それが意味するところはどんなにきれいごとを言っていても彼は国士ではないということだ。
化けの皮が剥がれた日と言っていい。

彼らのプライオリティははっきりしたと思う。
確実に金儲けである。
それはまぁ、ファンドと言う組織の本来の性質そのものであり、その点で批判されるべき事ではないと言える。
だが、彼が日本の為になどともし言うことがあれば、それは欺瞞であり、信用すべきではないだろう。まぁ言わないと思うが。

むしろ彼らに運用を依頼する人々こそが、その倫理を問われていると言える。まぁ金持ちは金を増やしたい。その為には手段を選ばない。でも金持ち喧嘩せず。
全く嫌な世の中だね。
posted by Harvey at 06:14| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

阪急タイガースから考える(その2)
Excerpt: 甲子園での阪神との交流戦は衛星Gaoraで観戦。 結局 阪神ファンを喜ばすだけの思いっきりのいい負けっぷりに・・・・ さて先週から気になるニュースが飛び込んでくる。 「オリックス 村上ファン..
Weblog: We love Braves & Mini
Tracked: 2006-05-21 03:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。