2006年05月03日

「金で面を撲る」ことを恥じないMoneyの奴隷

村上ファンドが阪神鉄道に対して株主として提案をしたそうですね。

まぁ、阪神の場合、まず、47%以上もの株式をあっという間に買い占められてその間に何ら有効な手立てを打てなかったこと、それ以前に何らそういったリスクに対する準備をしていなかったこと、などがまず責められます。
誰がって阪神の経営陣があまりに無防備だったってことです。

そして阪急との合併の話ですが、これは正直ただ単に阪急に助けてくれーと泣きついただけでしょう。阪急も断るに断れないけど、村上ファンドが要求するような現在の株式市場での値段以上での買収には応じられない。それは勿論、本当に阪急の戦略上、必要な資源か分からないからでしょう。阪神が・・・。

まぁそうやって考えると、この合併には無理があるし、ただ村上ファンドから逃げたいだけと言う阪神経営陣の無策と無能を晒しているだけにも思えます。いや、本当は色々と考えているのでしょうし、必死に頑張っているのは分かります。
でも、もう既に遅い。村上氏の提案に怒ってみても後の祭りです。

しかしまぁ、ファンドと言うのは何て言うかね。
金が全てと言うか、まぁ扱ってる商品が金の会社なんでしょうがないんですが、その金で他者の面を張るような動きをするのは生理的に受け付けないです。僕は。
しかしまぁファンドの運営者の立場からすれば彼らの言い分は恐らく正しい。ファンドとは株式を保有し、その価値を高め、売却益でファンドへの出資者へ報いる組織です。
だからまぁ、彼らもまた出資者の奴隷な訳ですな。
村上ファンドに出資してると言うか、資金の運営を頼んでいる人たちが本当はこの騒動の黒幕と言えます。お金の力を与えてるんだから。
当然村上氏の自己資金もあるんだろうけど。

ま、そんな感じで、色々と言っていても所詮Moneyという化け物の奴隷に過ぎない訳ですな。ドイツもコイツも。

ヘッジファンドや投資銀行、とかく格好良いと言うイメージが先行するこうした業種ですが、彼らは或る意味経済の血液であるMoneyを上手に使う専門家であり、或る意味Moneyの奴隷である。

最近完全に僕は偏ってきてるけど、やっぱり商品(車とかだけでなく食物も)を作り出したり、治安を維持したり、人々や物流の移動を支える職業についている人達の価値が軽んじられ過ぎている気がします。

金融に携わる人間は確かに専門職では有るが、彼らは他者の生みだすMoney無くして仕事が出来ない。或る意味寄生虫なのです。
と、もともと金融出身の自分が言うのもなんですが、そう思う。
寄生虫であり、同時に社会の血液であるMoneyを循環させる血管の役目を担っている。それはとても大切な役目であるけれど、何も金融に携わるものが巨万の富を得たり、一般よりも突出して収入が高いと言うのは何かが狂っているだろう。

簡単なこと。
持てるものは更に富む。
持たざるものは容易には富まない。

持てるものは高等教育の結果としての叡智を結集して、同時に権力と政治力をフルに活用し、既得権益を護る構造を構築していく。それは世界的、歴史的な現象でしょう。

こういう構造を破壊することはほぼ不可能に近い。
人類の歴史は形を変えて繰り返されている。


しかしまぁ、株式会社が誰のモノか?
株主だけのものでは絶対に無いね。悪いけど。じゃぁ自分で経営して自分で働けよ、株主がさ。やってみろと。全部。
人間は心で動いている生き物で、勿論金や女にも弱い訳だけど、やっぱりそういう部分を失ったら別に人間なんて生きてなくていいじゃないスカ、って感じだけどね。

と、纏まり無く終わってみる。
posted by Harvey at 02:29| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 時事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
村上ファンドいったいどこにむかっているのでしょうか?

まあ見ていることだけしかできないんですよね。

Posted by トーア at 2006年05月04日 08:24
コメントどうも有り難うございます。
村上Fはやっぱり純粋に、株価が上がればいいんだと思います。それが彼らの仕事だし、出資者への責務なハズですからねぇ。逆にそれが出来ないと喰いっぱぐれてしまう訳で。でもちょっとやり過ぎなんですけど、でも、言ってることは村上Fの方が正しいと思います。ルールの中でやってるし。まぁ今のルールで最大限正義を振りかざしてファンドが金儲けするにはこうすればいい!的なモデルを作ろうとしている様に見えますね。

僕は阪神ファンでもないので見てることしか出来ませんしそれ以上する気も無いですが、取り敢えず言いたいことは言っておこうと思っています(笑)
Posted by Harvey at 2006年05月04日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

村上ファンドが新たな一手
Excerpt: また村上ファンドが動きましたね。 村上ファンド側の提案で気になる提案が あるとすれば ・・・
Weblog: 寝ているときにも稼ぐビジネスシステム欲しくないですか?
Tracked: 2006-05-03 13:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。