2006年04月25日

世界を変える

この世界を変えたい
僕はそう強く思い続けてきた

しかしその想いはどちらかと言うと
僕が世界を変えてやるんだ
と言うよりも
世界をぶっ壊してやりたい
と言う方向に近い

何か恨みでも有るんでしょうか。おいら。
まぁ有りますね。山盛です。逆恨み(笑)

まぁ子供の頃から生れて来なければ良かったと連呼していたどうしようもない子供だった訳で、良くここまでちゃんと大きくなったもんだと我ながらしばしば感心します。
やれば出来る!!いや、惰性もいつか慣性になるってとこですかね。

ま、いいや、で、世界をぶっ壊す、と言うと言い方が悪いから、既成概念をぶっ壊す、旧態依然とした因習や差別や、どうしようもないくらい腐りきった既得権益をぶっ壊したい。それが僕の願いでしょう。
その為には何をすればいいのか。

大きいことなんか直ぐには出来ないんだよ。それがオトナになって分かってきた。

国連は国連と言う金看板に群がり、利用して、その権益を自分の利益の為に利用したい亡者に集られている。あれは酷い。
実務担当者は頑張っている人が多いけど、純粋過ぎる人たちは騙されるし、まじめな人は身動きが取れない。

政治家も既成の枠から立候補すれば、そのまま既得権益に迎合せざるを得ない。

革命家はちょっとキツイ。イマドキ。

そうするとやっぱり自分の領分で一つ一つ積み上げていくしかない。

それが世界を変える方法。

毎日の積み重ね。

受験勉強みたいになってきた。僕の一番苦手なものですが。何か?

まぁどうでもいいけど、そろそろ日本は壊し時。
壊さないと作れない。壊さないでやろうとすると継ぎ接ぎになりますから。
壊しましょう。勇気を持って。誇りを持って。自覚を持って。

オトナになると直ぐ既得権益の側に回りがちなので、その辺、本当に気をつけないといけないですな。ほんと。まぁ僕が既に既得権益の側に居るんじゃないすか?と言われれば、YESともNOとも言えない。

僕の感覚は日本社会と昔から少々ずれているので、世の中の言葉は僕にとって当て嵌まり難いものが多いのである。
posted by Harvey at 16:23| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NYで感じること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17025429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。