2008年02月14日

「日本」を見ていて感じる違和感とその原因は・・・

明日締切のPaperが全然仕上がってません。プレゼンもあるのにヤバイけど、こういうときってもうどうにもならなくって逆に余計なことしちゃうよね・・・。

で、外から「日本」を見ていて感じる違和感。この感覚って海外で働いたり、ビジネススクールで学んだり、外資系企業で働いたりすると結構似たような感覚に陥る人が多い気がするので、ある程度普遍的な感覚なんだと思う。

で、違和感はどっからなの?ってことで考えてみると・・・個人的にはやっぱり日本ってまだ社会主義的統制社会で、数少ないキレ者だけど視野が狭い官僚の人達とかがルールを作って国を導いていく様なシステムなんだと思うんです。でも、それって無理があると思うんですよね。勿論官僚の人達にもマトモな人やバランス感覚のある人とか、熱い思いを持ってる人も居る訳なんだけど(そう信じたい)でも、大志を抱いても今度は政治家や政治やとの軋轢で潰れたり、妥協したりとか。詳細は良く分かりませんが何れにせよ、少数の人間が枠組みを作って行こうというやり方をまだやってるんじゃないでしょうか。

しかも政治家は政治家で密室でそこの圧力掛けたり、官僚が政治家を操ったり利用したりもする訳ですよね。超気持ち悪いけど、それが政治だし世界中にそういうのが無い国なんて無いでしょう。でも、それだけじゃちょっとオカシイ。

既に一般企業の方がGlobal化されていて海外での競争に晒されてる訳ですし、外資系企業で働く日本人もどんどん増えて居る訳で、そんな枠組みを作る事に固執してもしょうがないのに、と思います。法で縛るよりも、しっかりした監視機関を作り、一線を超えたら罰する、企業も変な救済をしないで解体する、そっちの方が時代にあっていると思います。

アメリカは資本市場の正義を前提に成り立っているから、そこを欺いたエンロン、ワールドコム、アンダーセンとかはまさに公開処刑の上解体された訳です。と思います。

何処かでやり方を変えないといけないんですよ。日本。

でも一つの答を今読んでる本から見つけたんですが、「メディアと権力」と言うナベツネさんの話なんですが、その後書きで「団塊の世代が権力的なものにしがみ付いている」と言う様な指摘が有りました。そういう人達が今、メディア、法曹界、政治、政府、そういう世界の権力層に居るって話です。だから変わらない。いや、変えたくない人達が変える訳ない。

国を腐らせても平気なオトナがこれ程居る日本と言う国は、いったいなんなんだ。そう思う今日この頃です。あと100日とちょっと後には僕のその島の中で空を見上げることになるんですけど。

最近ひたすらに愚痴っぽいな(笑)
posted by Harvey at 07:36| ニューヨーク ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | NYで感じること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。