2007年09月30日

相撲の未来

大相撲の時津風部屋で時太山(ときたいざん)=当時17歳が稽古と言うか、暴行を受けて死亡したと言うニュースを読んだ。

最初は事件性が無いとされていたが、取調べが進むにつれ、証拠隠しや口裏あわせ、誠意の見えない真実を隠蔽する様な、己の保身か相撲界としての保身か、分かりはしないが、異常な体質が浮かび上がって来て居る様に見える。

横綱朝青龍は「怪我をしているのにサッカーをしていた」と言う罪で相撲界からもメディアからも、恐らく大衆からも集中砲火を浴び、外国語の日本語で精神科の医師による診断を受け、鬱病だかなんだかと診断され、賛否両論の中モンゴルに戻り、既に元気になって居るらしい。

村上龍氏が少し前に自身のコラムで言っていた様に、朝青龍の罪はなんだったのかはっきりしない。笑顔が罪だった、そういう捉え方しか出来ない。怪我がウソだったのなら、診断書を書いた医師を訴えることが出来るはずだが、それは為されなかった、と言う氏の意見には納得出来る。全てが曖昧なまま処理されていく、情緒と感情論に流され曖昧な罪で不自然に裁かれ、全てが曖昧なまま、その人はほとぼりが冷めれば戻って来る。

極めて日本的であり、日本の国技、相撲に相応しい、とも言えるかも知れない。しかし、スター不在、日本人力士の弱体化と人数減、不透明な判断基準に、隠蔽体質。

相撲界には未来があるのだろうか。
旧き良きしきたりは非常に価値有るモノでそれが喪われれば、相撲の魂が失われる、とも考えることが出来る。
だが、相撲は既に興行となっていて、ファンと力士に支えられている。その双方を失うのであれば相撲はまた神事として生き残るしかなくなってしまうのかも知れない。

閉ざされた世界の中で育った人材が古い仕来たりしか知らないまま相撲界を采配していけるのか。外部の人材を入れるという勇気が必要ではないか。少なくとも意味不明のメンバーが偉そうに講釈を垂れるばかりの横綱審議会等は、最も意味の無い組織だろう。まぁ無いよりマシなのか・・・いや、不要だろう。角界は今直ぐ、変革に向けて動き出すべきだ。
posted by Harvey at 14:09| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。