2007年04月27日

何処まで来たのか

僕が子供の頃に持っていた地図には行き先は書いてなかった。
いや、地図すら持っていなかったのかもしれない。
それは地図に見えるだけの、誰かの落書きだったのかも知れない。

15歳の頃、僕が描いた地図には高校卒業までに辿り着きたい場所だけが記されていた。中学3年の3学期、高校1年、高校2年、高3、ただ、毎日練習を積んで行けば、僕は夢を叶えられると信じていた。

高校時代に握り締めていた地図が、寝起きに夢を殴り描いたメモの如く、叶わぬ夢と知ったとき、僕には次の地図が描けなかった。

大学4年間は地図の無い旅。
いや、旅にすら出ていなかったのか。
死への浅はかな羨望と親愛の情を感じながら、同様に生を断つ必要性にも迫られなかった。苦しかったがそれなりに喜びも有った訳だ。と言うよりも、欲望はそれなりに満たされていた。

社会に出て、僕は他人が期待しているで有ろう絵を描き、地図を描いた。それはきっと子供の頃に持っていた地図に酷似するもの。

そんな無意味な地図を守ろうとしたあの日。
そしてそこまでして護った地図を破り捨てたのは、その数日後。



それから、空洞の出来た心の中にただただ、想いを詰め続けた。
地図は無い。行き先も無い。
ただ、彼らの地図には無い世界に行きたい。


今、僕は地図を手に入れた。
まだ漠とした色、曖昧な行き先、粗なる方角。
でも、この地図はきっと最後の地図になる。
この地図を描き直しながら歩くことになる。

ただ、現時点で、僕が何処まで来たのかは分からない。

捨ててしまった地図はもう手元には無い。
持っている地図はあの頃との繋がりが希薄である。

僕自身は
永遠に交わらないことを願いつつ
何時か何処かで対峙することを望んでいるのだろうか

一つだけはっきりしていることは
火に投げ込んで消えてしまったあの頃の理想郷を思う時、僕の心を支配するのは苦しみでも悔恨でもなく、怒りだと言うことだ。

この思いがある限り、僕は生きていけると思う。
自分に背を向けず、生きていけると思う。
今となれば、生きる為に僕は置いて来たのだ。
二度と取りには帰らない。いや、もう見つかるはずもない。
探す気も無い。

さよなら、なんだよ。

posted by Harvey at 16:02| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊の在処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

米ヴァージニア工科大学での大量殺人事件と赤西君の復帰会見に見る日本のマスメディアの報道についての所感 (あとメッシ)

米ヴァージニア工科大学での銃乱射大量殺人事件



KAT−TUNの赤西仁君の復帰会見

についての日本のマスメディアの報道姿勢

この2つを同時に書くのもなんなんですけど、まぁ言いたいことは山ほどあって、でも、別に言わなくてもいい感じですが、一応書けば整理されるかなと。そういう感じで書き始めてみる。

まず、YoutubeのMost Viewedのゾーンでは銃乱射事件の犯人と言う韓国人学生の映像が大量に溢れ、その次はバルセロナのメッシが5人抜きドリブルシュートを炸裂させた映像。これは凄い。と話は逸れるが、本当に凄まじいドリブルだった。若いってことは早いってことだ、って言うのが良く分かる。旬の選手の驚異的なトップスピードにはサッカーの神が宿ってるとしか思えない切れ味が有る。

メッシはともかく。
Youtubeではメッシをはるかに上回るこの学生の映像が溢れているわけですな。それくらい世界で注目されていると言うことです。
そして、当たり前ですが日本のメディア等の中にはお決まりのアメリカ銃社会が続く限りは悲劇は終わらない、と言う論調が繰り返される訳です。

で、まぁ、それは間違いなく真実の一端では有るハズ。そこは賛成します。でも、それが全てじゃない。
この事件でまた良く分からない、アメリカは危険だ、韓国人は危険だと、全てを一般化してしまう人々が出てくることが僕には感覚的に非常に不愉快です。そして何より、重要な視点が抜けていて、アメリカはでか過ぎて、一つの国として括って一般化するのが非常に危険な国だと思うのです。

だから、簡単に銃社会で云々とか、年間何人死んでて何挺銃が売れててとか言われても困る。その辺の感覚をそろそろ日本のマスメディアの人々はちゃんと伝えて欲しい。彼らだった相応の国際感覚だったりアメリカと言う国への知識なり認識なり有って欲しいのですが。まぁ、皆が無いと言うわけではなく、一見した中ではどうも相変わらず欠けていた気がするから。

でも、分かりやすい話だけど、ホロコーストの生き残りだった老教授が生徒達を逃がす為にドアを押さえながら射殺されて犠牲になったと言う話には胸を打たれます。地獄だったであろう戦争と極限の暴力を肌で経験し、生き延びた老いたる人には、何人たりとも敵いはしないと言う、何時か何処かで聞いたフレーズが甦りました。
人はどういう死に方をするかで人生が決まる。僕はそう思う部分もあるので、この方の死には感じるものがあります。真相は分からないんだけど、生徒達の証言なんで、真実に近いのでしょう。


で、話題は赤西君へ。赤西君と君付けしてますが、僕は彼を知らん。全く知らん。動いてるのを見たのも、活動休止会見をYoutubeで拝見。で、また復帰会見をYoutubeで拝見。合計8分程度(笑)

しかし復帰会見は酷かった。何の劇ですか?ってくらい酷い会見。彼自身は非常に気を遣ってるのが伝わってきたけど、質問者は何故詰問調なのか???仕事半年休んで語学留学の何がいけないんだ?????

何で謝らないといけないの?お騒がせしてって誰をですか???
芸能マスコミをお騒がせしたんだったらTVで会見する必要ないし。ファンとマスコミだけにお詫びするなら別にTVで会見して、しかもそこで謝る必要なんか無いでしょうに。
個人的には知らない人にTVで謝られても僕は困ります。知らないもん。困ってないし。迷惑も掛かってない。

まぁ彼が本当に必死に英語を勉強してたかは分からないけど、社会勉強くらいは出来たでしょう。英語もちょっと頑張ったはず。
(そもそも僕は「流暢な英語で挨拶」と言うくだりを見て、流暢とはどれ程のレベルで、僕と比べたら僕は流暢と言って貰えるのだろうか?と言う興味でYoutubeを検索したのだが、HELLOと言ってる部分しか見つからなかった・・・)

自分を高める為に、新しいことに挑戦するとか、リフレッシュする為に何処かで何かをやってみる。そういう姿勢をスポイルする様な日本の文化を僕は心から軽蔑したい。

この発想は既得権益を守るべく、波風立てずに平穏に今のまま今のままと言う発想に繋がっているように見える。

正直若い子でしかも芸能人と言うかなり偏った社会への露出しかなく、人間関係も偏った人たちが海外で色々と色眼鏡を少な目の世界の中で生活して得られる物は計り知れないと思う。

ファンに迷惑を掛けた、心配を掛けた、マスコミを騒がせたって、騒ぐのが君らの仕事だし、騒がされないとメシが喰えないだろうが、と思うのだがどうなんだ。

一般の企業で働いている人々にとっては、語学留学6ヶ月で謝らされる感覚は分かり難いのではないのだろうか。そんなこと無いのか?僕がもうヘンになってるのか。

新たな一歩を踏みしめ様とする若者に謝罪を強要する社会に未来など無いと思うのだが。それが日本に未来が無いのか、日本のマスコミに未来が無いのか、と考えれば答えは容易にでるだろう。後者ですね。

という事で、メディアは楽天や外資にでもどんどん買われたらいいんじゃないか、と友人が沢山TV局で働いてるのにも係わらず、無責任にも思ったりしてしまうのであった。あまりよく考えて言ってないが。あと、自由化すべきでしょうね。既得権益を守る発想しか出来ない経営陣がこの変化していく時代を生き残れるとは全く思えません。彼らが変われないのなら、誰かが取り上げるしかない。でも、その取り上げるべき権力を持つ政治家も官僚も、多くは既得権益を持ってる(権力あるんだから当然だが)訳で、同じ穴の狢が集まって色々やっても全然駄目な訳です。

大丈夫か?日本????
と言う結論だな。今日は。
あ、今日も、か。
posted by Harvey at 05:12| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

独白

いや、忙しい時って、意味の無い方向に行くよね。

勿論、忙しいくたって、意味が無いって分かってるよね。

そして何故かブログを更新しようとする僕。あぁ。ごめんなさい。
って誰に謝る必要も無いのだが一応謝っておく。クセだ。最近最早クセになっている!!!!!イカン!!謝り癖、しかも独り言なんて有り得ない、人間のくずだ・・・でもくずって言われることに喜びを感じて生きて来た20数年間があるので、くずとか底辺とか言われると嬉しくなる。くずの方が宝石よりイイんだ、って知ってるし、くずだけど、君の思ってるクズと僕の思ってるくずは勿論違うって開き直ってるので別にイイノダ。

しかし本当に意味の無い更新だな。

いや、最近ちょっとショックに思ったことが有って。

異性を好きになる感覚が鈍ってる・・・・・・・・・

気がするのです・・・・・・・・・・・・・

最近ね。

いや、まぁさ、既婚とか未婚とか、そこは置いておこう。
既婚も未婚も関係有るけど関係ないの。
心次第。僕次第。君次第。

ただ、何かね、諦観なんでしょうかね。以前よりも心にブレーキが掛かりまくる。

まぁ、いいんですけど。別に人生に支障はないんですけど。
しかもそうであるベキなんですけど。

寂しいモノがあります。
既婚の友人の女性から、えーーー私は恋してるよー内緒だけど、と言うメールを頂戴し、ますます考え込む33歳の春。

結構移り気な自分を知ってるだけに、今のこの感覚が怖い。
このまま朽ちていくのでしょうか。
いや、既に朽ちている(笑)⇒北斗の拳っぽく
まぁ、朽ちてるように見えて朽ちてないのが僕のウリなのですが、このままでは本当に朽ちてしまうのだ。

と、ヒネリもオチも何も無いまま今日は終わっておく。
INPUT過多と恋愛感覚の鈍化は恐らく相関性がある。
と言う自己弁護的結論を提示してお茶を濁しておこう。

実は今、一つ答え(らしきもの)を見つけた。
でもこれはまだ書かないで置いておく。温めておこう。


しかし、本当にどうでもいい更新内容だな。
posted by Harvey at 18:11| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 言霊の在処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

input過多

最近inputが多過ぎて処理できていない。

自分の人生の中でこれだけ短い期間にコレほど多くの人達と同時発生的に仲良くなったり、この短い期間にこんなに多くの企業のCEOクラスの人々に表敬訪問したり、面接したり、挨拶したり、喋ったり、握手してもらったり、したことはなかった気がする。それも多くが極めて私的な空間で会ったり、有る程度限定された空間で話したり、した訳ですな。

昨年の暮れからのこのハイペースは本当に驚異的でちょっと疲れた。
って言うか自分の中で全く整理が付いていない。

仕事絡みのイベントで宝飾大手のCEOと話したり。
偶然が重なった不思議な縁で、インターンの候補先と思っていた会社のCEOの講演を聴いたり、その子会社のCEOと面接して貰ったり。

ビジネススクールを受験する時にこの先生の授業が受けたいと思ってずーっとプロフィールを読んでた教授が偶然出席したカンファレンスでモデレーターをやっていて(まぁ彼の専門ジャンルだから当然なんだが)カンファレンス後に突撃アタックしたり。

知り合いの知り合いである、某新興バッグブランドの社長と知り合いになったり。

学校のイベントや授業にやってくるゲストスピーカーも勿論錚々たるメンバーでもう大変。誰もが知ってるチョコレートのG社のCEOやら、NYにも店の有る有名デパートB社のCEOとか。まぁRetailに関してはとにかく相当色々な方々に会う機会が有った。

それだけじゃなく、現役の政治家の方々や、剣道の師範の方々、高校の先輩が知らない内に社長になってたり。やたらとTVに出てる人に会う機会があったり。

まぁ社長やCEOに会えるのが嬉しいとかじゃなく、何かしら確実に学べるで有ろう人々、社会で明白に成功のステップを踏んだことのあるであろう、若しくは今そのステップを踏み始めている人々、そういう方々からは本来僕が即日には吸収できない程の何かを吸収できるはずだと思っている。

それは勿論POSITIVEとNEGATIVE両面です。全ての人間に得手不得手、光と影、表と裏、凹と凸が有ることこそが真実と信じる僕には、全ての出会う人の両面を出来る限り認識・理解し吸収すると言う作業をしたい訳です。が、これ程までにもINPUTが多いと厳しい。

ただでも、同級生の日本人(いい面でも悪い面でも)についてですら未だ消化出来ていない所に、非日系の同級生達との最近の密度の上昇は更に消化不良を加速させる。

そこに来て、この、所謂遠目の人々との邂逅。

まぁそれだけ今が充実の時なのでしょう。
NY生活6年目(!?まじで?)にして収穫の秋なのかも知れません。収穫したものを、腐る前にちゃんと製品化して、ちゃんと袋詰めして、ちゃんと出荷して、売って、儲けて、ご飯を食べて、血として肉として行く事が出来るだろうか。

それこそが最大の問題である。
僕の器がザルなのか、それとも、漬け過ぎた漬物の壷の様なものなのか、素晴らしい食材を見事に食卓に運ぶ器なのか。
それが問われるのはこれからだろう。

まずは風邪を治せ。オレ。
posted by Harvey at 15:15| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

2004年8月14日土曜日に僕が考えていたこと

2004年8月14日の日記の抜粋です。
結局僕は何も変わっていない。あの日から。
でも、僕は変わったと思う。あの日以前の僕から。
久しぶりに会った友人も20歳当時の僕からは変わったと感じた様だった。

でも、辿り着くべき場所はまだ遥かに遠い。
変わらずに辿り着くだろうか。
それとも。

2004/08/14(SUT)

『ただ、やっぱり原点は決まってるんだな。
僕の人生はあそこから始まってる。間違いなく。
僕は永遠にこの呪縛からは逃れられないだろうね。
でも逃れる気も無くてむしろアレが有るから僕の今は有る。そう言える。
僕はあの時、そういう自分のエンジンとして使おうと思ってた節が有ったと言えなくも無い。今思えば無意識に。
或る意味それって凄いけど。1人の人間を踏み躙ってるかも知れない。まぁ意図的じゃないけど。
そして自分自身がその思いに押し潰されたけど。
時々思い出して忘れない様にする。
初めの時の気持ちってのを。忘れない様にする。
傷は塞がり流血も止まったけど、永遠にそこには風が吹き抜けるだろうね。
今や風化して少しづつ穴も塞がり始めてるけど、もう一度そこにそういう穴が有ることを、しっかり思い出そうと思う。
あそこから始まったから。

そしてもう一つ思い出す。
もう負けないって決めたこと。自分に負けない。絶対に克つ。
結果としてあいつらを追い詰める。そういうことだな。自慰だよ。
僕の。人生を賭けたね。

なんか支離滅裂なカミングアウト系ですが、人生是総て自慰也と言うことでお赦し願いたく。』
posted by Harvey at 08:19| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 「タワゴトの数々」を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。